読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に移りゆくよしなし事を

腐女子による拡張版ほぼ日手帳くらいの気持ち

3月の読書記録

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1402ページ
ナイス数:15ナイス

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)新装版 46番目の密室 (講談社文庫)感想
語り口は親しみやすく、また共感しやすく、響きも好み。一人称はものすごく文体の好みが出るので相性が良くてよかった。密室ミステリーの巨匠が密室で殺されるシチュエーションも面白く、トリックも犯人も動機も奇抜すぎずかといって推理もできないほどよいさじ加減。ただ、犯人も容疑者も知人ということで、砂を噛んだような後味は否めない。ただ、爽快なミステリーよりも人間味があってむしろ私には好ましく感じられた。ひとつあるとすれば、腐女子なら邪推できる間柄を全く考えもしなかったことが口惜しい。
読了日:3月18日 著者:有栖川有栖

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)感想
ぐいぐい読み込ませる引力が強い。噴火によるクローズド・サークルのお話だが、事件と事故、殺される恐怖とそもそも生きて帰れない恐怖という二重の極限状態に置かれるハラハラ感がすごい。登場人物が多いので頭の中で整理するのに苦心したが、話が進むにつれ好感を抱いていき、46番目の密室よりも語り部に共感する思いが強かった。恋と青春も交えた話なのも大きいか。その分、誰が犯人でも、誰が死んでも、苦しい思いは大きい。同時に、謎解きでは爽快感ではなく登場人物たちと同様、安堵が強かった。
読了日:3月20日 著者:有栖川有栖

月光ゲーム (BLADE COMICS)月光ゲーム (BLADE COMICS)
読了日:3月20日 著者:有栖川有栖,鈴木有布子





孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)感想
前作と同様、犯人や動機を思うと切なくなってくる話。 殺害現場との距離、凶器などのトリックがちりばめられていて、ミステリーとして楽しい。 それだけでなく、もともとの目的であったパズルや、非日常下における青春を謳歌するような展開も面白く、その少し浮ついた空気が黙々とパズルに興じる江神さんと対比的で印象的だった。 前作と異なり江神さんとアリスを除いて既知である人物たちであったため、無差別殺人の様子がなく、恐怖心としてはおとなしめだった。
読了日:3月21日 著者:有栖川有栖

読書メーター