心に移りゆくよしなし事を

腐女子による拡張版ほぼ日手帳くらいの気持ち

蒼天秘話英語版を読んで

蒼天秘話(銀剣のオルシュファン)の日本語版とニュアンス変わるね!?て思ったところを雰囲気意訳と感想文です。

全力でFF14蒼天のイシュガルドネタバレ。

中学生レベルの英語力で過大解釈してるのであんまり信じないでください。

 

 

 

You just couldn't help yourself, could you?
君はちっとも君自身を守ってくれないね

日本語版では「まったく、君はいつもそうだ……」となっている台詞。

私はこの台詞が深々と突き刺さってるわけですが、それは彼がフランセルを守ったシーンと、ヒカセンを守ったシーンとがまったく同じ「危ない!」という台詞だったからです。

あの頃からまったく変わらないオルシュファンという人物を表していて、親友を守ったようにヒカセンを守った彼が尊くて愛しくて切ない……という語りは割愛して。

英語版だともっとフランセルの悲しみや寂寥感が露わに感じられるなぁ、と思いました。

 

Haurchefant arched an eyebrow, then grinned. "I would like that very much."
オルシュファンは、眉を弓なりに上げて笑った。「それはイイな!」

日本語版だと「いったいなんなのだと言わんばかりに片眉を上げた」で、オルシュファンの台詞はありません。

この日本語版の雰囲気がすごい好きなんですが、英語版だと歓迎モードなのが面白いな。

 

The more he grew to resemble his father.
オルシュファンはますます父親に似てきた。

はい無理ーーー無理です無理無理ポイント。

単純にゲーム中のご先祖様の顔立ちや兄と弟の顔の造作を見るに、兄は父似弟は母似だけど、下手をするとオルシュファンが一番若い頃のフォルタン伯に似ているのでは?

だとしたら成長するに連れて夫に似てくる庶子とか本妻にとって地獄では?

と思ってたことの裏付けになってしまった。

日本語版にはない表現ですが、さらに下に続くわけです。

 

Francel came to recognize the signs he would be along shortly─muffled shouts from the manor, a door slamming shut, the patter of running feet across the cobbles.

And there he was, huffing and puffing, eyes red and full of anger.

ランセルは間もなくオルシュファンがやってくるタイミングがわかるようになった。邸宅から聞こえてくるくぐもった叫び声、ドアを閉める音、石畳を横切るパタパタとした足音。そうして現れた彼はハァハァと息を切らし、目を赤くして怒りに満ちていた。

日本語版だとおそらく「義母の監視下で、息苦しい生活を送っていた」あたりだと思うのですが、怒ってるあたり印象が大分違います。

オルシュファンの人柄や彼が父に似てきたこと、そして少なくともオルシュファンは義母に怒りをぶつけられるような関係を築けていたとは考えにくいな、と思ったので、これはほぼ私の妄想なのですが。

夫に似てきた不義の息子を義母は金切り声を上げて罵ったのかもしれない(それが聞こえてきた声)。

息子はその言葉を受けて怒りと悲しみに飛び出す。涙を堪えて目を赤くして。

そんな感じだったりするのかもしれない。

 

そこから下記のように続くわけです。

 

I'd touch his shoulder, and he'd remember where he was. "Where shall we go today?" I'd ask. "Anywhere but here," he'd say.

ランセルがそっと肩に触れると、ようやくオルシュファンは自分がどこにいるのか気がついた。

「今日はどこへ行こうか」

オルシュファンは、請うように答えた。

「どこでもいい。ここじゃないどこかなら」

 

どうしてここのシーン日本語版にないんです???

これ、フランセル少年10歳にもなってないかもしれないんですけど????

さすが小憎たらしいほど気の利く青年に育つ少年……。

 

ここからは飛んでフランセルが誘拐犯から救われるシーンが結構印象違っててまたうなりました。

 

Haurchefant groped blindly for the knife, found it, then drove it home between the larger man's ribs. Again and again, long after he had stopped moving.
He lay there for a time, face buried in the dead man's chest. The cabin was silent save for his labored breaths. Less a man and more a beast, his tunic dyed red, his hands trembling.

オルシュファンは手探りでナイフを探し出し、大男の肋骨の間に差し込み壁に押し付けた。何度も、何度も。男が動きを止めてからも。ナイフはしばし男の胸のに埋もれて沈黙した。室内は、彼の荒い息を除いて、静まり返っていた。人間というより獣のようだ。オルシュファンの衣服は返り血に染まり、その手は震えていた。

ここ、日本語版では颯爽とオルシュファンが助けに来てくれて、勇敢で頼もしくかっこいい!て感じなんですけど、まだ17歳のオルシュファン少年は、初めて人を殺したのかもしれない、という描写で震えます。

親友を救うために、必死で、無我夢中で、小さなナイフ1つで戦ったんだなぁって感じ。

まだ稚拙な感じとか、怖かったのかなって感じさせるところがすごくたまらないです。

 

Slowly, he pushed himself up and looked into Francel's eyes. "It's over. They're dead," he whispered, leaning forward and pulling the wadded cloth from the boy's mouth.

ゆっくりとオルシュファンは身を起こし、そして、フランセルの目を覗き込んだ。

「終わった。……みんな、死んでる」

彼はそう囁くと、身を屈めてフランセルの猿ぐつわを外した。

ここで囁くのすごく……すごく……。

手も震えるほどだったのに、フランセルを安心させるように目を覗き込んで、吐息混じりに終わったって言うのたまんない。

殊更ゆっくり淡々とした口調にしたのは私の趣味です。

 

 

不慣れな英語で曲解してるところもありそうだけど、たまらなかった……。

また二人の解像度が上がった……とても楽しかったです。

ここおかしいよ!とかこういう解釈もあるよ!とかあったら教えて貰えるとうれしいです!

 

追記:「その旅の始まり」も素晴らしいと教えて頂いたのでまたゆっくり読みます。

 

江戸東京たてもの園に行ってきました

なんと今日!史上最速の現像速度。

時間がなくて全部は回りきれなかったのでまた改めてゆっくり見て回りたいです~。

結局写真としてはほぼほぼ紅葉を撮ってきた感じなんですけど、建物の内装とかいろいろ刺激になって楽しかったです。

たくさん幻覚を見れた……。

続きを読む

巾着田に行ってきました

 これは今年の話です!

先に彼岸花現像したくて……まだ現像してない写真たんまり溜まってるんですがちまちまやっていきます。

すごかったです巾着田……噂には聞いていたけど、言うてそこまででもないでしょとか舐めてました。一面の彼岸花は圧巻でした。

いや、実は毎年彼岸花撮りたい!て思うのはちょうど見頃で、予定を立て損ねていたんですよね……。

今年は開花が遅かったとかでしたが、おかげで逆に行けたというか。

タイミングが合えばコスモスも一緒に見られるらしいのですが、今年はコスモスの開花も遅れていてポツポツという感じでした。

ただし10月になったとは思えないほど暑くて疲れ果てて回りきれなかったのと日差しが強すぎて撮りにくかったので、またタイミング見つけて行きたいな~と思います。

続きを読む

軽井沢に行ってきました。

今年も行ったのですがとりあえず去年の夏の写真をですね……。

ついに1年以上前の写真の現像が終わっていないし、もはやどこに行ったのか微妙に覚えていないっていう……。

しかもたぶんあんまり軽井沢じゃないですね……。

 相変わらず写真が多いので一度閉じます

続きを読む

原稿執筆パック使ってみました

行くまで

職業柄めちゃめちゃ夏休みが長くて(飛び石で出勤することもあるけど3週間くらい休みがある)、でも転職したいな〜て思ってて、なら今年の夏が平日ぷらっと旅行に行く最後のチャンスなのでは!? てことで、最初は復興割もあるし、幼い頃から新潟にはお世話になってるんで新潟行こうかな〜て思ってたんです。だって交通費半額だって言うから。酒蔵見学でもして、日本酒に浸ろうかな〜て。

でも私がぼんやりしてたら交通費半額なの3週間くらい前に予約しないといけないんですね……てことで予定何にもたててなくて断念。

でもどこか行きたいなーって思ってたら気になってた湯河原の原稿執筆パックのことを思い出したので、思い切って予約しちゃいました!

www.theryokantokyo.com

予約したときはそこまででもなかったのですが、行く頃には原稿の進捗もあんまりよくなかったので実際こっちにして正解でした……新潟で酒浸りしてる場合ではない。

 

道中

平日なのでおひとりさまです。交通費もケチって在来線でぷらっと。観光も何もしないので、まじでのんびり行けたんですね。休みだし。のんびり電車乗るの好きなんです。うっかり大阪までこだまで行ったときはさすがに後悔したけど。

都内から3時間かからないで来れました湯河原!

f:id:alpiacere:20190820173505j:image

初めてなので、うおー!手湯があるー!とテンションあがったり。

f:id:alpiacere:20190820173532j:image

旅館には送迎バスが2回だけ出てるので、それを予約しました。

冷蔵庫はご自由にご利用ください、とあったので早めに駅に着いて酒とつまみを買っておく。

いやほら、レポ読んだら近場にコンビニとかないから事前に買っておけってあるから!

概ね時間ぴったりに車が到着したので、名前を言って乗せてもらいます。

「ご予約お客様だけなので出発しますね」

マジかよ!!!

レポとか読んで原稿仲間がいてほっこり〜みたいな話を聞いていたのでそれを期待していたのにまさかのひとり車に乗り込む展開。

ちなみに先着で9名まで乗せてもらえます。わたし、1人でしたが。まぁ平日だしな〜

ちなみに結構急な坂をのぼったりおりたり急な角を曲がったりしたのですが一切切り返しのない快適な運転でした。車酔いする人間としてとてもありがたい。10分もかからずに旅館に到着です。

 

到着

f:id:alpiacere:20190821125311j:image

事前に知ってたけどテンションの上がる入口!

チェックイン開始時間に来たので若干混んでる〜と思ったら併設のカフェで台帳書きながら

のんびり待ちます。丁寧に呼びに来てくれて、旅館の説明と、三食つきだけどお昼に合った送迎車がないが、昼食はどうするかとか、食事の時間を決めたりしました。

食事の時間は30分間隔で指定ができます。地味に有難い。

ちなみにお支払いもこのときに。私は予約時にクレカ決済してたので入湯税だけ払います。

進捗確認したり感想のお伝えのサービスもありますよ〜と言われましたがBL同人誌書いてるので(そうでなくても私にはメンタル的に無理です)お断りしました。このオプション選択する人たぶん全然いないみたいで、スタッフさんも「ですよね〜」みたいな反応でした。

それからレンタルの浴衣と帯を選んでいざ部屋へ!

 

客室

受付が何故か入った場所なのに4階で、お部屋は1階でした。階段での移動ですが半分くらいしかないのでそんなに大変じゃない感じ。

わりと海外のお客さんを意識した作りになってて、あらゆるところに英語で説明があるのですが、そのせいかお部屋にも武将が。真田信繁でした。えっ信繁なの!?幸村でも信幸でもなくて!?

内装もこう、外国人うけがよさそうな感じ。尚こういうの好きなのでテンションが上がる。

f:id:alpiacere:20190821124357j:image

お部屋はオートロックなのでカギを閉じ込めないようにせねば……。

至る所に人を駄目にするクッションがあると事前に聞いていたのですが、本当にめっちゃあるwwwww

f:id:alpiacere:20190821083011j:image

お部屋の真ん中にちゃぶ台があって、2個すでにセッとされてました。それだけでなく押し入れにも……まぁ4人部屋ですからね!ここ!1人1個座れます。

レポにあったとおりちゃぶ台は4人で使うには小さそう。フロントにお願いすれば大きいのも借りられるらしいです。

とりあえず部屋をあちこち見る私。テレビの下に延長コードとかありました。助かる!

洗面所にはドライヤーと歯ブラシコップ、くしと、クレンジングとか化粧水、乳液、あと顔にも使えるハンドソープありました。こだわりのない人は手ぶらで来れるな。

ちなみにPOLAエステロワイエ。

あと冷蔵庫もこっち!はじめはスイッチ入ってないので中で冷たさ調節します。ちなみに一番強くしたら翌朝歯に染みるほど冷たくなったのでほどほどに。

しかしこの洗面所、何故か床に人工芝が敷き詰められてて……な、なんだろう……気持ちいいからいいけど。カーペット的な?

クローゼットとかたぶんタオル掛け的なのもあります。

 

温泉

鍵フロントに預けるの面倒くさいな〜て思ってたらちゃんと鍵付きのロッカーが脱衣所にあって親切!平日だから空いてるのか貸切でした。やったー!

脱衣所にドライヤーもアイロンも化粧水類もあって助かる仕様。シャンプーとかも浴室にあります。これもPOLA。浮かれた私は部屋に一式置いてきてしまったのでありがたく使いました。なんのために詰めてきたのか。

ちなみに部屋風呂はないけどシャワールームもあるので、大浴場駄目な人はこっち使えばいいのかなって感じでした。

ちなみに脱衣所に浴衣の着方とかが書いてあります。

ここの浴衣、よくある温泉旅館の浴衣って感じじゃなくて、帯も幅広のちょっとかっちりしたやつなので、結び方わからなくて助かりました。見ても不器用でうまく……できなかったけど……まぁ着れたからいいか……。

風呂上がり暑すぎてビール買っちゃいました。

お風呂が2階にあるのですが、そこにウォーターサーバーとか自販機とかあります。ピーナッツとかも買える。でも旅館に売店とかはないので、マジで選択肢がないです。部屋で酒盛りしたいなら事前に買った方がいい。とくにおつまみ。

私は駅で買ったえだまりこと一緒に自販機で買ったビールを。一服してからちゃんと原稿しましたよ!

f:id:alpiacere:20190820183058j:image

 

夕食

16時にチェックインして、17時にお風呂上がって、あとはまったりビール飲みながらソシャゲして、ちょっとだけ原稿して、18時半には夕飯です。

4階のカフェスペースで部屋番号を言うと用意してくれます。カウンターで店員さん呼んで、席案内してもらって、ちょっと待つ感じ。待ちながら飲み物とか夜食とか(有料)選んでおけます。私はお酒……もう飲んだし……まだ……あるし……と思ってやめました。夜食おいしそうだったけど!あとクラフトビールも飲めます。日本酒とか焼酎は銘柄書いてなかったのでたぶん普通のやつですね。

f:id:alpiacere:20190821083149j:image

カツ定食!いくら腹ペコだったからといって17時にビールとつまみはまずかったのでは?てくらいには……ボリュームがありました……。

お味は普通かな。さくさくでおいしかったです!

ちなみにこのカフェで頼めばコーヒー飲み放題(部屋にも持ち込める)らしいのですが、私はカフェインに激弱だし酒もあるしめちゃめちゃ腹いっぱいなのでやめました。

21時までに頼めばポットでもくれるらしいので夜間も安心。コーヒー党にはありがたいと思います。

 

19時過ぎにはお部屋に戻ってあとはだらだらソシャゲしながら原稿。

部屋が薄暗いみたいなレポがあったのですが、フロントでスタンドライトも借りられるようです。

オレンジっぽい灯りだから夕方はちょっと暗く感じたけど夜は逆に私は気にならなかったです。ポメラだしね。

f:id:alpiacere:20190821125050j:image

こんな感じの灯りです。紙に書いたりするには薄暗いといえばそうかな。

で、飽きてきたので駅で買ったお酒。

f:id:alpiacere:20190821083453j:image

いやほら、旅行にいったら地元のお酒飲むのは酒飲みのたしなみですから。ええ。

この辺で浴衣が面倒になってきて持参したパジャマに着替えました。

レポで原稿してる組が概ね浴衣脱いじゃう意味がわかった。浴衣ってラフな格好ではないんですよね。

そんな感じで日付変わるくらいまでだらだら原稿してソシャゲしてTwitterして……あれ……家と変わらないな……。

 

就寝

お布団は部屋に置いてあるので自分で敷きます!一人でどっか泊まるときいつもベッドだったから新鮮。

ちょっと面倒だけど部屋に誰も入ってこないので原稿合宿的にはありがたいですね。プライバシーに配慮して、ということらしいです。

枕がふかふかなので硬い枕派の私としては……寝にくい……世の中はふかふか派が多いので仕方ないことです……。

隣の音とかはまぁするけどそんなに気にならないかな?

 

翌朝

眠気と戦いながら7時過ぎ起床。

朝食は8時にしたので、その前にさっくり温泉に浸かってきました。

この時間も貸切! うーん盆過ぎの平日すごいですね。他のお客さんにも会うのでいないわけじゃないんですけど。

 

朝食

すごく気になってた小鉢たくさんの朝食です。

f:id:alpiacere:20190821085803j:image

あのね、私わりとよく食べる方なんですけど、めちゃめちゃボリュームあります。

食べ切れなかった。ご飯残すの嫌いなんですが、ごめんなさい〜〜でもおいしかったです。

おひとりさまでPC持ち込んで作業してる人がいて仲間だ!! となりました。やったー! お仕事ぽかったけどわからんぞ。

チェックアウトは10時なので、わりとゆっくり支度できました。

 

チェックアウト後

カフェスペースに居座っていいってことなので、ここで原稿やります。

f:id:alpiacere:20190821095611j:image

ご飯とか食べてたカフェスペースですね。

こんな感じに仕切りがある半個室(オープンだけど)みたいな空間と、お座敷に大きめのテーブルがいくつかあるような空間とあります。

お掃除中だったので隅っこで大人しく原稿進めます。

カフェのオープンは11時みたいなんですが、これ2泊するとその時間まで使えないのかな? 貸切でした。

貸切ばっかりだけどこれ繰り返すようですがお盆明けの平日だから……土日に来たらもっと賑わってるんでしょうけど、人のいないカフェでムーディな音楽の中原稿……捗ります。

ちなみにコーヒーの飲み放題はチェックアウトまでだそうで……もう飲めませんか? て聞いたら1杯だけ用意してくれました。優しい……。お昼まであと2時間あるしね!

コーヒーの味はよくわかんないのですが、酸味がある感じでした。

カフェのオープン時間である11時を過ぎたらお客さんも結構来ました。親子連れとかも結構いて、し、知らなかった……全然今まで会わなかった……。子どもが走り回ったりちょっとだけにぎやかになってきます。

 

昼食

朝あれだけ満腹すぎたので、12時でお願いしたものの全然お腹空かない!どうしよう!

f:id:alpiacere:20190821122241j:image

と思っていたのですが、カレー……めちゃくちゃおいしかったです……。これが一番おいしかったかも。

辛すぎずお肉もほろほろで……あと11時半くらいからカレーの良い香りがしてたのも食欲を誘った。でもおなかパンパンです!

 

帰り

送迎車はないのでバスです!バス停までは歩いて5分くらい。なんですが、めちゃめちゃ急な下り坂です。転がりそう。

これ絶対上りたくないから来るときは自家用車じゃないなら断然送迎車の時間に合わせることをおすすめします。

バスは15分間隔の時間でした。

乗車は10分ちょいです。

送迎車の方が断然楽ですね。2泊すると5食なのでちょうど乗れます。たぶん。あとお昼キャンセルしても乗れます。私はせっかくだから食べたかったのと、カフェで作業したかったので。

 

まとめ

トータルで旅館にいる間に7722字進みました!

1万字には届かず……でもよく考えたら1泊2日って忙しないのでそんなもんかな。

原稿的には書いても書いても全然終わりが見えなくて行く末には不安を感じつつ有意義に過ごせたかなと思います。

昼間カフェで作業してたらめちゃめちゃ捗ったのでこっちの方がいいかも。夜は部屋に籠もってしまったので……。でもな、全年齢向けじゃないから燦々とお日様が注ぐ爽やかなカフェ(元気な子どもの声つき)では書けるシーンに限りがあるんだ……。

レポにはちゃぶ台作業が腰に来る、みたいにあったけどクッションが気持ち良くて私はあんまり気になりませんでした。椅子があんまり好きじゃないからかな?

ただ正直これ、お友だちと2泊籠もるのがいいと思います! 1人なら今回みたいに1泊でいいかも。いや一人旅慣れててずっと原稿するのが苦じゃなければいいんですけど、午後までいたら飽きて時間持て余しそうだなーって思ったので。夜も通話したかったくらいだし。

でも絶対友だちと来たら楽しい。

 

ちょっと残念だったのは送迎車がお昼食べるとないのとあとチェックアウトまでしかコーヒーもらえないことですかね……。10時からお昼までカフェで待機すること考えると……。でもこれ、3食つきの一夜漬けパックだからで、2泊する組には何の問題もないです。

お昼なしでお安くしてくれるかお昼にも送迎車が出たらとっても嬉しいな〜くらいですかね。

 

Wi-Fiもあって地味に有難い。温泉も入りたい放題だし、何よりいつもと違う環境で家事もせず好き勝手だらだらしながら原稿するというのが快適でした。あとカフェにも(たぶん)各席にコンセントがあるのが有難かった。

 

また機会があれば今度は同胞と行きたいですね。

 

サンシャイン水族館に行ってきました

これは去年の5月末頃の写真ですね……。

水族館の写真撮るの本当に苦手なので上手くなりたい……と思ってちまちま通うようにしたいなぁって思ってます。

f:id:alpiacere:20180529182926j:plain

f:id:alpiacere:20180529182945j:plain

f:id:alpiacere:20180529184723j:plain

f:id:alpiacere:20180529184912j:plain

f:id:alpiacere:20180529191040j:plain

f:id:alpiacere:20180529185558j:plain

f:id:alpiacere:20180529191329j:plain

f:id:alpiacere:20180529191424j:plain

f:id:alpiacere:20180529191627j:plain

f:id:alpiacere:20180529191750j:plain

f:id:alpiacere:20180529194150j:plain